f434cd7d4c7d05748053606806d57893_s

目のたるみは男性はどうやって治す?解消法って女性とは違うの?

240_f_123915722_kozaepknri4zagjdzwtytjhult4p6wfg

目のたるみは女性特有の悩みのように言われますが、実は最近は男性も気にしているんだそうです。

女性のように「実年齢より若く見られたい」「いつまでも美肌を保ちたいむという気持ちとは若干違うようですが。

男性の場合、目元にたるみにがあると周囲に疲れている印象を与えてしまうので、仕事面で影響が出るという方が多いようです。

「美」というよりは「好印象を与えたい」という気持ちが強いようです。

人は目元がとても重要なので、目にたるみやクマがあることで暗い雰囲気や、仕事ができないといった印象を与えてしまいかねません。

これは男性にとっては切実や悩みですね!

日本ではまだ男性がエステに通ったり、美容整形で手術を受けるといったことが浸透していません。

コスメに関しても女性に比べて知識が乏しい男性は、自力で目のたるみを解消するのは至難の業ではないでしょうか?

目のたるみは男性も女性も基本的には解消法は同じ

240_f_123494188_qf8vna6mw4ewukwdvb6qxs255ecm3vnj

男性の方がお顔の皮膚が若干厚い作りにはなっていますが、基本的には女性と同じ解消方法で改善できます。

パートナーがいる方は、アイクリームや美容液を共有するという方法もありますし、どういった成分のものを使えばいいかアドバイスしてもらうといいでしょう。

男性用のスキンケア用品も最近では種類が増えてきましたが、まだまだアイケア用品は充実しているとは言えません。

また女性用のコスメでは匂いが気になるという男性も実は多いようです。

そして一番の問題は、女性が行っているスキンケアは手間が掛りすぎるという点です。

化粧水・乳液・アイクリーム・美容液…。

個人差はありますが、複数のコスメを使う女性ですし、色々なコスメを使うことに喜びを感じる女性が多いのも確かです。

一方の男性はできるだけシンプルに済ませたいと思う方が多いので、女性と同じスキンケアは続かない人が多いと聞きます。

できればオールインワンタイプの美容液で、アイケアの機能も備えたコスメが男性向けと言えるでしょう。

目のたるみには美顔器も効果を発揮しますが、これも手軽に使えるものの方が男性向きです。

専用ジェルを使うとか、色々な機能が付いていると一見便利そうに見えますが、面倒になって使わなくなってしまいます。

目のたるみを早くて確実に解消するなら男性も美容整形!?

f434cd7d4c7d05748053606806d57893_s

先ほど「日本では男性の美容整形はそれほど浸透していない」とご紹介しましたが、それでも着実に施術を受ける人数は増えて来ています。

目のたるみを治したい!という思いは、女性よりも男性の方が切実なのかもしれません。

男性はメイクで隠すということができない分、早くて確実な方法を求める傾向があるようです。

最近では日帰りで目のたるみを取る施術を受けられるようになりました。

目の下のたるみを取るくらいでは、印象が一気にガラリと変わることはありません。

短時間で確実に目のたるみを除去してくれる整形は、毎日のケアなども必要ありませんし、男性にとっては一番合っている解消方法かもしれませんね。

整形のデメリットとしては、費用が若干高額なことと、人によっては腫れや内出血を伴うことがあるので、数日間はマスクで隠して乗り切ることになってしまうことがあるようです。

整形で目のたるみを取ることは即効性がありますが、そもそも目がたるんでしまったのは加齢によるものもありますが、保湿などのケアをしていないからです。

一旦は目のたるみが解消しても、今後また数年後に同じような状況に陥る可能性は高いです。

折角、すっきりとした目元にしたのでしたら、今後はスキンケアにも気を遣い、少しでも目元がたるまないようにしましょう。

何度も整形手術を受けるというのは、費用も身体への負担も掛りますから。

関連記事

  1. 240_f_71182654_5siyefsedpniveeqybbvpkihqflrji8f
  2. b384b1691abdcb084948492a39b66420_s
  3. b0b3bf5037182b41e97158c055d1d48b_s
  4. 7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_s
  5. 240_f_106571459_bsmfppq8re8pb0p99nskjzprrf0roffq
  6. bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP