目のたるみの解消法!芸能人はどうしてる?やっぱり整形してるの?

s-fc46ef1b623d49f99eb16ba5e0e80792_s

目元がたるんでくると一気に老け顔になってしまうのでショックですよね。

特に目の下がぷっくりとしてしまうたるみは、メイクでも隠すのが難しいのでなんとかしたいものです。

目元のたるみでも目の下は一番目立ってしまうところ。

ところで芸能人の方々は、目のたるみ対策はどうしているのでしょうか?

女優さんやモデルさんは綺麗な方が多く、実年齢よりもはるかに若く見える人が大勢います。

ですがやはり同じ人間ですから年も取りますし、しわだって出来てきますし、目元だってたるんできます。

整形したことを公言している芸能人の方もいらっしゃいますが、手術をすればダウンタイムがあるのでお仕事にも影響してしまいます。

ボトックス注射やヒアルロン酸注入のように、パッと見た目は分からない形でプチ整形をしている方は結構いらっしゃるようですよ。

もちろん公にしていない方が殆どだと思われますが。

プチ整形は最近日本でもメジャーになってきたので、私たちにも比較的身近な存在になってきました。

芸能界ではかなり浸透しているのでは?と思ってしまいますが、実際のところどうなんでしょうか?

目のたるみを整形した芸能人は誰?キレイに解消できた?

240_f_122717756_repkjppckaxk1chbtnznutn7fr8tzdug

一般人と違って芸能人は少しでもしわができたりするだけで「劣化した!」と騒がれてしまいます。

特に女優さんやモデルさんはキレイを売りにしているところもあるので大変ですね☆

もちろん美については日頃から並々ならぬ努力をしていると思われますが、それでもどうしても年齢に勝てないことはありますし、お肌の質も個人個人違います。

やむを得ず整形してしまう方もいるでしょうし、美を追求するために敢えて整形を選ぶ方もいるでしょう。

整形したことを公表している芸能人で有名なのは以下の方々です。

 

【三原順子さん】
テレビ番組にて整形を公開しました。

過去に美容外科の広告塔も務めていたので、彼女の整形は有名な話ですね。

【はるな愛さん】
やはりテレビ番組で自身の整形を告白。

今まで美容整形とそのメンテナンスに6千万円程度つぎ込んでいるという衝撃発言をされました。

目元だけではなく、全身整形されているようです。

【美保純さん】
20代の頃、車の事故に遭い顔を8針縫う大怪我を負った際、左目が歪んでしまったため目元を整形。

【中村うさぎさん】
自身の著書の中で整形について書いているのは有名な話ですね。

【高畑淳子さん】
過去にボトックス注射を受けて目元が動かなくなる体験をしたとテレビで告白。

ボトックスの効果が無くなるまでの3カ月間笑えなくなったので、それ以来やっていないそうです。

 

海外の有名人も整形疑惑をもたれる方々が多いですが、有名なところは以下の方々。

・ニコール・キッドマン

・レニー・ゼルヴィガー

・ミッキー・ローク

・キャメロン・ディアス

・メグ・ライアン

日本人はさりげなく整形するのに対し、海外の方は思い切った整形をするのも特徴的ですね☆

欧米人はお肌の老化が東洋人に比べて早いので、しわやたるみを整形する方も多いようです。

目元のたるみのケア、芸能人はどうやっているの?

b0b3bf5037182b41e97158c055d1d48b_s

芸能人の方が全員エステ三昧しているわけではないと思いますが、かなり気を遣っていることは確かです。

特にモデルさんはコスメに敏感ですし、一般人とは比べ物にならないくらい色々な美容法を研究しています。

そもそも常日頃から美容にかける時間が私たちとは違うんですね!

またコスメだけではなく、表情筋が衰えないようにトレーニングしたり、マッサージをしたり、時には顔の鍼治療を受けることもあります。

栄養のバランスや体調管理もしっかりとしている方が多いので、あの美しさは努力の賜物と言えるでしょう!

美しさを保つことも仕事の一貫なので、真剣味が違うわけですね☆

一般の人がモデルさんや女優さんと同じような生活をするのは無理がありますが、目元がたるまないように努力することはできます。

やはり規則正しい睡眠、食事、適度な運動、ストレスを溜めない生活は基本ですね!

その上で目元のクレンジングは擦り過ぎないよう気を付け、しっかりと保湿し、美顔ローラーなどで血行を促進し、眼精疲労を溜めないように気を付けること。

必要な栄養素が足りない時は、サプリメントで補うなどできることはたくさんあります!

やはり時間と手間とある程度のお金をかけないと、美肌を保つのは難しいですね。

まずはできることから頑張りましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP