s-portrait-1

目のたるみ予防にフラウニーズ!その使い方と効果とは?

240_f_32881380_mwnzde9gedrm5stfvf3grxlod3gedzhp

目の周りにしわができてくると、その部分に脂肪が乗っかりたるみやすくなってしまいます。

目のたるみを予防するなら、まずはしわの段階から対処していくことが肝心です。

ですが、もし寝ている間に無意識にしわを作りだしているとしたら?これは防ぎようがありません。

眉間にしわを寄せるくらい難しい顔をして寝ている人、うつ伏せで寝ている人、様々な人がいらっしゃいますが、これは自分ではコントロールできませんよね?

この寝ている間の癖が、意外にもしわを作りだし、たるみに発展してしまうということがあるんです。

もし寝ている間に、しわをピン!と伸ばすことができるとしたらどうでしょうか?

目元だけではなく、口元・眉間・額にも使うことができるテープがあるとしたら?

寝る前に貼るだけで、たるみの元となるしわを防ぐことができるとしたら、こんなにいいことはありませんよね?

今回は120年以上も前からアメリカで愛用されている「フラウニーズ」という魔法のトレーニングシートをご紹介したいと思います。

 

もちろんアレルギーテスト済ですよ(^^)

一見するとダンボール?フラウニーズの使い方とは?

フラウニーズはとてもシンプルなトレーニングシートです。

素材の紙部分は完全なバージンパルプを使用、糊の部分は無農薬のコーン、オクラ、豆類、ポテトなどから作られています。

その見た目は薄いダンボール紙のようにも見えます。

あまりにも簡素な見た目に、その効果を疑いたくなってしまいますよね?

s-br_bnr0580

でもフラウニーズの歴史は古く、1889年にアメリカで発明されて以来、多くのハリウッド女優やケネディ家の女性たちに愛されてきました。

コスメは見た目ではないのですね!

シートにはミシン目が入っていて「目尻・口元用」と「額・眉間用」では違った形に切れるようになっています。

フラウニーズの使い方
・シートをミシン目に沿って切り離す。
・シートを軽く湿らせて貼付します。
・しわを伸ばして、貼付部位に合わせます。

就寝中やリラックスタイムに貼るだけですが、1度に3時間以上は剥がさないようにしましょう。

1日に何回も貼りますと、貼ったり剥がしたりすることでお肌に負担がかかることがあります。

また一度剥がしたフラウニーズは粘着力が落ちてしまうので、繰り返し使うことはオススメできません。

フラウニーズを剥がした後は、軽く洗い流してから通常のスキンケアをするだけでOKです。

敏感肌で使用するのが心配な方は、念のためパッチテストを行いましょう。

上腕部などの皮膚の柔らかいところにフラウニーズを1~2時間貼付して様子を見ます。

水道水にアレルギー反応が出てしまう方は、浄水器を通した水を使ったり、精製水を使ってみてください。

万一、アレルギー反応が出た場合はすぐに使用を中止してくださいね!

剥がしづらいと感じる時には、蒸しタオルなどで温めるとお肌に刺激を与えずに剥がすことができますよ。

濡らして貼るだけ!フラウニーズの効果とは?

ss-portrait-1

フラウニーズはトレーニングシートであって、化粧品ではありません。

ですからシートには美容成分は一切含まれていません。

あくまでお肌と筋肉をトレーニングする目的で作られたシートです。

乾燥が気になる方は、しっかりと美容液等で保湿を怠らないようにしてくださいね!

フラウニーズを貼ることで筋肉がしっかりと固定されて、しわのない状態での血流や細胞が確保されます。

使い続けることで、しわの無い美しいお肌へと導いていくんですね。

一気にしわが無くなるわけではありませんが、続けることで次第にしわが薄くなっていきます。

目の周りにしわが寄らなければ、目元がたるむ心配も少なくなりますね(^^)

無意識にうつ伏せ寝になってしまう方や、布団をかぶってしまう癖のある方は、どうしても寝じわがつきやすくなります。

若いうちは数時間で解消する寝じわも、年齢と共に刻まれていき、取れなくなってしまいます。

そうなると、たるみができるのも時間の問題ですから、しわに気付いた段階で早目にフラウニーズでケアしていきましょう。

関連記事

  1. vintage-635262_640
  2. woman-1149911_640
  3. photomontage-1328744_640
  4. s-51353785e
  5. girl-with-flowers-1374221_640
  6. horses-1414889_640

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP