girl-1896105_640

ロスミンリペアクリームの使い方!目のたるみに効果的に塗るには?

s-DSCN6115

ロスミンリペアクリームは目のたるみを目立たなくするアイクリーム。

目のたるみは目元の乾燥によって小じわができることによって起こります。

ですから目元の乾燥を防ぐことがなにより重要なんですね!

ロスミンリペアクリームは保湿力が高く、とても塗り心地のよいテクスチャなので、アイクリームの中では人気が高いです。

ただし!きちんとした使い方をしなくてはその効果は半減してしまいます。

ロスミンリペアクリームの正しい使い方を確認して、しっかりとその効果を実感しましょう♪

「正しい使い方」といってもなにも難しいことはありません。

使う順番やちょっとした注意点を守っていればOKですよ(^^)

折角の上質なアイクリームですから、その効果を十二分に実感されてみてくださいね!

ロスミンリペアクリームの使い方!やってはいけないこととは?

s-DSCN6132

まずロスミンリペアクリームを使う順番を確認しておきましょう!

s-2017-02-08_13h42_31

いつものスキンケアの最後にプラスするだけでOKなんですね。

殆どの方はスキンケアは朝と夜に行っていると思います。

化粧水と乳液やクリームでしっかり保湿した後にロスミンリペアクリームを十分な量、塗りましょう。

ロスミンリペアクリームで保湿するからといって、目元の乳液を省略したり量を減らすことは厳禁です。

朝、しっかりと目元を保湿することで日中に受ける紫外線やエアコンからのダメージを軽減できますし、夜も保湿することで睡眠中のお肌の乾燥から目元を守ってくれます。

朝起きた時に目元にベタつきを感じるかるかもしれませんが、そのくらいの方がお肌が守られている証拠です。

逆に起きた時に目元が乾燥しているようなら、ロスミンリペアクリームの量が足りないということですよ。

コスメをメーカーの説明通りに順番に使う、1回につき十分な量を使うということは基本中の基本ですが、自己流で使っている方もかなり多いようです。

その結果「効果を実感できない」「目のたるみが改善しない」ということにも繋がりますので、単純なようですがここはしっかりと押さえておきましょう!

また自己判断でロスミンリペアクリームに他社のコスメやスキンケアクリームを混ぜて使うのもNGです。

コスメは順番通り塗り重ねていくのであれば他社のメーカー同士を併用しても大丈夫ですが、テクスチャ同士を混ぜてからお肌に塗るのはオススメできません。

混ぜることが前提に作られたコスメでしたらいいのですが、自己流で混ぜてしまうと折角の美容成分が劣化したり損なわれてしまうこともあります。

最近はネット上で「〇〇と△△を混ぜると効果アップ!」という情報もありますが、民間療法にはくれぐれも用心してくださいね。

ロスミンリペアクリームの目のたるみへのより有効な使い方

s-girl-1896105_640

ロスミンリペアクリームはとても優秀なアイクリームですが、目のたるみが一瞬で治るわけではありません。

目のたるみも一夜にして作られた訳では無いので、治すにもある程度の時間が掛ります。

これはその人のたるみの状態や生活習慣や体質にもよるので、一概に何日で効果を実感できるとは言えません。

ただ私はロスミンリペアクリームを使ってみて、アイクリームにしては比較的早くにその効果を感じられると思いました。

まずは1本使ってみて様子を見るのがいいかと思います。

それでも一日でも早く目のたるみを解消したい!という方もいらっしゃいますよね?

そんな方にオススメなのがロスミンリペアクリームとロスミンローヤルの併用です。
肩こり・腰痛・神経痛訴求のLP
ロスミンローヤルはロスミンリペアクリームと同じメーカーが出している医薬品です。

ロスミンリペアクリームはお肌の外側から目のたるみに働きかけてくれますが、ロスミンローヤルは身体の内側から目のたるみをサポートしてくれます。

この両方を同時に使うことで、より早く目のたるみを解消できる可能性があります。

お肌が老化するスピードが速い!と感じている方は、是非この2つを同時に使ってみてくださいね。

老化を止めることはできませんが、老化を遅らせることは十分にできますよ(^^)

ロスミンリペアクリームの購入はコチラから♪⇒ロスミンリペアクリーム

関連記事

  1. girl-1768766_640
  2. face-274649_640
  3. 2017-01-27_10h24_50
  4. peony-1356719_640
  5. woman-918614_640
  6. rose-1271216_640

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP