目のたるみに効くサプリメントにはどんな成分が含まれているの?

240_f_120781419_wafaxj3wvb7qtip816wr23yrkvnq7q2u

目のたるみを治したいと考えた場合、どんな方法を選びますか?

アイクリームなどの目元専用コスメを使いますか?それとも目元のマッサージ?エステサロンでプロの手にお任せする方もいるでしょうし、美容整形に踏み切る方もいるでしょう。

自分の力でなんとかしたい!と思う方には、目元を保湿するアイクリームや表情筋をストレッチできる美顔器などもいいのですが、もう1つ効果的な方法としてサプリメントの服用をオススメしたいです。

実は目のたるみに効果的な成分を含んだサプリメントというのが存在します。

残念なことに即効性はないのですが、継続することによってその効果を実感できると思います。

アイクリームや美顔器も即効性はあまりないので、サプリメントと併用しながら数か月後の美肌を期待して続けてみましょう!

サプリメントは毎日飲むだけで効果を発揮してくれるので、とても手軽に始められるアンチエイジングです。

問題は「どんな成分が含まれているサプリメントを選ぶか」です。

目のたるみに効く成分がたくさん含まれているものを選ぶのがポイントですよ!

目のたるみに効くサプリメントの成分は主にこの5つ!

240_f_92398677_echuaop4ozmptedf6y4lfbkyz4tvysm2

では早速、目のたるみに効果的なサプリメントの成分を見ていきましょう。

主に5種類の成分が有名なのですが、1種類のサプリメントに以下の5つ全てが入っているということはありません。

複数の種類を服用することになるのが一般的ですね。

  • コラーゲン
  • 亜鉛
  • エラスチン
  • コンドロイチン
  • ビタミンC

コラーゲンは美肌作りには有名な成分ですが、皮膚の真皮の7割はコラーゲンから作られています。

加齢と共に失われてしまうので、どんどん補給したい成分ですね!

食品からも摂取できますが、目のたるみが取れるほどとなると、とても食べきれる量ではありません☆

効率よく摂取するにはサプリメントが一番なんですね!

亜鉛は新陳代謝を促進してくれる成分です。

コラーゲンは古くなると硬くなってしまい、そのまま残ってしまうと新しいコラーゲンが作られないという困った事態になってしまいます。

亜鉛を摂取することで、コラーゲンが常に新しく柔らかな状態を保てるわけなんですね。

エラスチンはコラーゲンを支える役目を担っています。

ハリのある目元はコラーゲンも大切ですが、そのコラーゲンをしっかりと支えてくれるエラスチンも重要!

縁の下の力持ち的な存在ですが、綺麗な目元を保つためには必要不可欠な存在です。

コンドロイチンは皮膚に弾力を与えてくれる成分です。

普通の食生活ではあまり摂取できない成分なので、これもサプリメントで効率よく取り入れましょう。

最後にビタミンCですが、実はこれがすごく大事!

どのサプリメントを飲むのにもビタミンCは欠かせない存在なんです。

特にコラーゲンを生成するのにはビタミンCは無くてはならない成分ですので、一緒に服用しないと意味が無くなってしまうと言っても過言ではありません。

なにかしらのサプリメントを飲む際は、必ずビタミンCも一緒に服用するようにしましょう。

目のたるみに効くサプリメントを選ぶ際の注意

s-drugs-206150_1280

目のたるみに効果的なサプリメントの成分は確認できましたでしょうか?

次に確認したいのはどのメーカーのサプリメントを選ぶか?という点ですね!

実はサプリメントってたくさんの種類が出ていますし、出している会社も山のようにあります☆

そして値段の幅もすごく広いんですね!

高ければそれなりの効果が見込めるのか?安いサプリメントとは何か違うのか?

ちょっと面倒でもサプリメントの容器に書かれた成分表や原料をチェックしてみましょう。

チェックする項目は以下の通り。

  • 原料や原産地の表記があるか?
  • 天然素材で作られているか?
  • 値段が安すぎないか?
  • 全成分表が明記されているか?

サプリメントは天然素材を使った場合、ある程度のコストが掛るのは当たり前。

あまりにも安すぎるサプリメントは、成分の含有量が極端に低かったり、天然素材を使用していないことがあります。

怪しいメーカーも多数存在するので、できれば信頼できるメーカーを選んでサプリメントを購入するようにしましょう。

迷ったら口コミで評価の高いサプリメントを選ぶというのも1つの方法です。

ただし最終的にはご自身がその効果を実感できるかに掛かっていますので、自分にあったサプリメントが見つかるまで頑張って探していきましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP