7f7a40d6971a5642cc237b26063a66a7_s

目のたるみとクマの違いとは?クマの種類と治し方とは?

240_f_91540889_8rstl09rhylr8jsgzpkqvr4usods0tsy

目の下が暗い印象になると「クマができたかな!?」と思ってしまいますよね?

寝不足をしたり疲れが溜まったりすると、体質的にクマができやすい人もいます。

でも、あなたの目の下にある影…それは本当にクマなんでしょうか!?

クマと一口に言っても、実はクマには種類があり、種類別に治し方も違ってくるんです。

そして、目の下のたるみによってもクマは作られてしまうんです!

目の下が暗くなってきたからといって「クマ」の一言で片づけてしまっては、後々取り返しのつかない事態になってしまうことも☆

一度自分の目の下の影の原因をしっかりと見極めて、原因に沿った治し方を検討してみてはいかがでしょうか?

早く対処すれば、またハリのある美しい目元が戻って来ますよ(^^)

クマの種類と治し方、簡単な見分け方をご紹介します

313502

まずクマには3つの種類があり、その特徴は色によって分けられています。

青クマ・黒クマ・茶クマですね!

青クマは主に血行不良が原因とされています。

睡眠不足や疲労、ストレスによって血液の循環が悪くなっていることから起こります。

黒クマは目の下がたるむことによって、目の下に影が作られてしまうことが主な原因です。

そう!黒クマこそが目の下のたるみによって引き起こされるクマなんです。

そして茶クマは色素沈着から起きるクマです。

黒クマを放置した結果、紫外線によって色素沈着してしまったり、アイメイクや目を擦るといった刺激により色素沈着が起きる場合もあります。

茶クマは酷くなってしまうとコスメでは改善できなくなります。

ところで、自分のクマが何色なのか?見分けはつきますか?

青・黒・茶色は目の下の場合、とても見極めにくいのですが、簡単にどのクマなのか見分ける方法があります。

まずは目の下を軽く引っ張ったり、アッカンベーの動作をしたり、ちょっとした刺激を与えてみてください。

この動作で目の下のクマが薄くなれば、あなたのクマは「青クマ」です。

次に手鏡を持った状態で上を向いてみましょう。

上を向いた時に少しでもクマが薄くなるようでしたら、あなたのクマは「黒クマ」です。

これは上を向いたことにより、一時的にたるみが解消するのでクマが薄くなってみえる現象なんですね。

どちらの動作をしてもクマに全く変化の無い場合は、あなたのクマは「茶クマ」と判断できます。

青クマの場合はまず生活習慣の見直しからスタートしましょう!

睡眠不足を解消し、規則正しい食生活を心掛けて、血行がよくなるよう努力すれば青クマは解消できるでしょう。

茶クマの場合はどの程度色素沈着が進んでいるかによりますが、美白化粧品を使ったり、皮膚科などの専門医に相談してみるのもクマ解消の早道となります。

目のたるみである黒クマを治すにはどうしたらいいの?

7f7a40d6971a5642cc237b26063a66a7_s

黒クマは色素沈着してしまう前に、目の下のたるみを解消しましょう!

目の下がたるんでしまう原因は加齢もありますが、乾燥が主な原因です。

自分でケアするのであれば、コラーゲンを効率よく摂取できるアイクリームやサプリメントを使ったり、とにかく目元を保湿することが大切です。

また目のたるみのもう1つの原因は眼輪筋と呼ばれる目元の筋肉の衰えです。

眼輪筋をストレッチする方法もありますが、手っ取り早いのは美顔器を使う方法。

目元は皮膚がとても薄く、敏感な部分ですので自己流でのマッサージはあまりオススメできません。

下手な刺激を与えてしまうと、逆にしわを作りだしてしまうことになります。

余裕のある方はエステサロンでプロのエステティシャンにお任せするのもいいと思います(^^)

目の下は一度たるんでしまうと、ピン!とするまでには時間がかかるもの。

毎日地道に保湿ケアしていくしかありませんが、続けていればまだまだ元に戻すことは可能ですし、確実にお肌の老化を遅らせることができます。

諦めずに頑張りましょう!

関連記事

  1. ff8d6e4f65626fe7aaf56649b22ae66b_s
  2. 240_f_63448006_tpw0wegkn7uiwagcwizdxwwiwqacblpu
  3. b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
  4. f6ed5af18120599d78d5df33fb046bf3_s
  5. 86dcfe4902b017164481040136c3a7f3_s
  6. drugs-206150_1280

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP